tee-suzuki.com

ビデオゲーム好きWebディレクター、tee-suzukiのブログ

3ページ目

電源が入らないワンダースワンカラーの修理のこと

ワンダースワンカラー(クリスタルブラック)

純粋に「カッコイイ」なぁと思うのです

前回もお久しぶりでしたが、さらにお久しぶりな tee-suzuki.com です。
公私ともあれこれとありまして、好きなゲームもままならないという状況です。空き時間にスマートフォンでファイアーエムブレムヒーローズを少し進めるくらい。これはこれで楽しいんですが、物理ボタンのある端末でゲームが遊びたいなぁとも思ったりします。

そんな中、気晴らし的にトライしたのが電源が入らないワンダースワンカラーの修理です。
実は大分前に「故障したワンダースワンカラーのこと」として取り上げたことがあるのですが、長々と放置しておりまして……。いや、単に遊ぶならスワンクリスタルで遊んでしまうので、ついつい後回しに……。


「電源が入らないワンダースワンカラーの修理のこと」の続きを読む

温故知新 ゲームボーイで楽しむ黎明期のアーケードゲームのこと

Back to the basic!

個人的になかなか忙しい毎日が続いているのですが、こうなってくるとなかなかゲームにも手が出せなくなってきます。特に据え置き型のゲームは、まず起動までに気合を入れなくてはならなくなってくるので、携帯型のゲームを少しだけ、という遊び方になってきます。


ヘッドオン、クイックス、平安京エイリアン

今回はこの3タイトル!

以前、スリープ・中断機能つきのゲームボーイアドバンスソフトについて書きました。機能としてのスリープや中断機能というのは間違いなく便利で、ゲームライフを豊かにしてくれたのは確かですが、一方セーブやスリープ、中断がなくても「あ〜面白かった」と言ってやめられるゲームというのもまた魅力的なのではないでしょうか。

そんなことを思っていると、ビデオゲーム黎明期の作品というのは、アーケードでの比較的短いプレイを想定しており、あっさりとしていて、それでいてプレイ後の満足感が得られるものが多かったように思います。2017年現在ではそんな時代のゲームをそのまま遊ぶというのはなかなか難しいものですが、今回はゲームボーイに移植された、アーケードゲーム黎明期の作品を少しだけご紹介したいと思います。


「温故知新 ゲームボーイで楽しむ黎明期のアーケードゲームのこと」の続きを読む

比べてみました ニンテンドークラシックミニとその他のコントローラーのこと

クラシックミニ、初代、ニューファミコンの各コントローラ

上からクラシックミニ、初代、ニューファミコンの各コントローラ

以前速報的に「ニンテンドークラシックミニのコントローラーは意外に使える」というお話を書いたわけですが(ニンテンドークラシックミニのサイズ感とコントローラーのこと)、正直なところ自分自身も実際に使ってみるまでは「いや、この小ささは厳しいだろう」と思っていました。
未だネット上では「コントローラーは普通サイズがいい」「小さすぎる」という声が多く見られるようですが、では、実際なぜ自分は「使える(許せる)」と感じたのか、自分なりに考えてみました。


「比べてみました ニンテンドークラシックミニとその他のコントローラーのこと」の続きを読む

ずっと欲しかった! パラッパラッパーのニット帽のこと

パラッパのトレードマーク、ニット帽を求めて


パラッパニット帽 全景

オレンジのニット帽、正面にはカエルさんマーク!

先日もパラッパラッパー20周年について書いていましたが、パラッパといえば思い出されるのがあの特徴的なニット帽です。以前「プレイステーションのニットキャップのこと」で少し触れていますが、オフィシャルの製品があることを知りらなかったのです。当時結構がんばって検索したのに、どうして見つけられなかったんだろう……?


「ずっと欲しかった! パラッパラッパーのニット帽のこと」の続きを読む

「パラッパラッパー」20周年のこと

「パラパラッパー」20周年おめでとうございます!


パラッパラッパー パッケージ全景

20周年おめでとうございます!

初代プレイステーションが1994年に誕生し、1997年に「ファイナルファンタジーVII」による大きなブレイクが起きた、という歴史は多くの方が認めるところだとは思いますが、個人的にはこのブレイクは旧来のPRGプレイヤーによるものと考えています。もちろんそれはものすごいインパクトと影響力をもった重大事件ではありますが、FFVIIのわずか1ヶ月前に発売され「FFの外」でのプレイステーションを象徴するアイコンとして活躍した「パラッパラッパー」に当時ガチガチのセガっ子だった自分もヤラれてしまいましたし、同じ気持ちの新しいユーザーも多かったのではないでしょうか。
そんな「パラッパラッパー」が生まれたのは1996年12月6日、今から20年(!!)前のことです。


「「パラッパラッパー」20周年のこと」の続きを読む

tee-suzuki

80年代からアーケードゲームに親しみ、主にアクション、シューティングを好みます。

エントリーリスト

タグクラウド