tee-suzuki.com

ビデオゲーム好きWebディレクター、tee-suzukiのブログ

ちいさくてかわいい! TINY ARCADEとRETRO ARCADEのこと

2018年のtee-suzuki.comは、どういうわけかin1機のことからキーチェーンゲームのことなどにもお話が広がりましたが、2019年は国内で発売される小さなゲーム機の話題が飛び込んできました。
国外ではすでにリリースされているTINY ARCADEとRETRO ARCADEです。

噂には聞いていましたが、実際に手にしてみると想像を超えるインパクトがあるマシンでした。
今回は、ガツンときたTINY ARCADE、RETRO ARCADEについてのファーストインプレッションを書き残してみたいと思います。



「ちいさくてかわいい! TINY ARCADEとRETRO ARCADEのこと」の続きを読む

本気で遊べるキーチェーンゲーム マメゲームシリーズのこと

以前「キーチェーンから筐体型まで いろんなin1ゲーム機のこと」でも書きましたが、この2018年をして、キーチェーンゲームというのはどこかしらに需要があるものだなぁと思い知らされました。こと固定セグメント式のものに関して言えば、結局のところ多少筐体の見栄えを変えているだけのものがほとんど(まぁそこがまた憎めないわけですが)。

ですが、90年代当時、in1機とは真逆のコンセプトでいろいろな単タイトルのキーチェーンゲームがありました。キャラもの、アイデアが光るものなど様々ありましたが、なかでもアーケードゲームファンとしてのハートをぐっと掴まれたのがバンダイの「マメゲーム」です。


「本気で遊べるキーチェーンゲーム マメゲームシリーズのこと」の続きを読む

大迫力! ジェイアール名古屋タカシマヤのパックマンのこと

レゴフェスティバル開催中!

2016年現在、再開発が進む名古屋。駅前からは離れますが、名古屋港に2017年春「レゴランド ジャパン」が開業するとのことで、これに先駆けてジェイアール名古屋タカシマヤでは「レゴフェスティバル」が開催されています。正直ちょっと気が早いんじゃないかと思いますが、この「レゴフェスティバル」には見逃せない展示物が!


「大迫力! ジェイアール名古屋タカシマヤのパックマンのこと」の続きを読む

「アーケード上がり」必見の鼎談記事と遠藤雅伸さんのこと

「「ゼビウス」がなければ「ポケモン」は生まれなかった!?」

素晴らしい企画・読み物でした。みなさんもぜひご一読を。

先日偶然同僚に教えて貰ったこの記事「「ゼビウス」がなければ「ポケモン」は生まれなかった!?」が大変興味深く、ぐいぐいひきこまれてしまいました。読みごたえ十分の素晴らしい記事で、電ファミニコゲーマーさんには感謝したいです。



「「アーケード上がり」必見の鼎談記事と遠藤雅伸さんのこと」の続きを読む

レーザーでカット! パックマンマスコットのこと

パックマンマスコット 単体

レーザー加工なので断面が焦げてます!

これまでちょいちょいとゲームに関する工作をしてきましたが、今回はゲーム機ではなくキャラクターものにチャレンジ。
レーザカッターという、線のデータを元に素材を切る工具(設備?)を使わせてもらう機会がありましたので、ボールチェーンをつけたマスコットを作ってみることにしました。


「レーザーでカット! パックマンマスコットのこと」の続きを読む

RSS 2.0 Login