tee-suzuki.com

ビデオゲーム好きWebディレクター、tee-suzukiのブログ

これもピッタリ!? 100均プラケースのネオジオポケット収納のこと

パーリィコンテナ+ネオジオポケットソフト全景

コンテナ状のルックスが印象的

2018年、ネオジオの話題と言えばやはりNEOGEO miniだとは思うのですが、今回は先日セリアさんでみかけたプラケースがネオジオポケットの収納に良い、というお話。
時代に合っていないとわかっていても、長い時間をかけてじわじわ増えた箱説無しネオジオポケットソフトを収めるというのはtee-suzuki的には2018年の話題でして。


以前、セリアさんのプラケースにゲームギアを収納しているお話を書きましたが、実は同じケースにネオジオポケットも入れています。(というか、我が家の箱説無しソフトは基本的にこのプラケースに入っているんですが)
が、最初はそれなりの余裕があったケース内も、長い時間をかけて少しづつ増えていったソフトでだんだん詰まってきてしまいました。


うむ、ジャストフィット!


パーリィコンテナ+ネオジオポケットソフト俯瞰写真

ネオジオポケットソフト10本がジャストフィット!

そこで今回セリアさんで買ったのは、小さなコンテナのようなかわいい外見のボックス。サイドでパチンと止める蓋つきなのが気に入りました。現地でおッと思ったんですが、ネオジオポケットにピッタリっぽいなと。早速自前のゲームソフトサイズ表を確認して、これはちょうどいい! ということで買って帰ってきました。

さて実際に収納してみると、ケースを外したROMカセットのみで10本、欲張れば横方向の隙間にもう1本が収納できる感じになりました。写真を見てもらうとわかる通り、ほぼジャストフィット。ROMカセットの両端あたりをつまんで取り出す形になり、取り回しも悪くありません。とりあえずの10本以内を収めるのであればおすすめできる一品です。


パーリィコンテナ底面

外寸は126*82*65mmでした

10本以上ということであれば、2つ以上このボックスを上にスタックすることもできますので、見た目にもそろっていい感じですね。ちなみにこのボックス、正式な名前は「パーリィコンテナ」というようです。プラ系の収納ボックス周りに置いてあるかと思いますが、店員さんに探してもらう時にはこの名前も出してみるといいかもしれません。


ちなみにその他の収納はと言うと……


ちなみに、今回のパーリィコンテナとも併用しているのは以前も紹介した「ニュータフボックス ワイド」です。こちらもなんとなーくネオジオポケットの本体とROMカセットを詰めていったら、それっぽくキレイに収まってしまったので、よく遊ぶソフトと本体はこのボックスに詰めて部屋に置いています。

ボックス内右上に見える本体ですが、実は2段重ねになっており、本体2台とソフトおよそ15本が収まっています。こちらは余裕のあるサイズなので、ソフトケースに入れていたり、チャック付きのポリ袋に入れていたりしています。
我が家の場合、携帯機のROMカセットのみの場合、クリアパックに入れて保管していますが、これはまたいつか別の機会にでも。


「ニュータフボックス ワイド」でのネオジオポケット収納

本体とソフトを収めるとこんな感じ

「ニュータフボックス ワイド」ラベル拡大

正式名称は「ニュータフボックス ワイド」です


NEOGEO miniもいいけど、ネオジオポケットもね!


と、いうわけで我が家のネオジオポケットのソフトが増える機会はおそらくそんなに多くはないものの、これからもう少し増えてもスッキリ収めることができそうでよかったなと一安心です。

2018年、NEOGEO miniでネオジオ界隈が盛り上がっていますが、当時の携帯機戦争の最中に独特の魅力を放っていたネオジオポケットのことも、たまには思い出してみて遊んであげられたら、なんて思ったりしています。コントローラの方向キーに関しては、NEOGEO miniの純正コントローラよりも使いやすいので、その辺りも含めて是非!

それではまた。


RSS 2.0 Login