tee-suzuki.com

ビデオゲーム好きWebディレクター、tee-suzukiのブログ

ゲームボーイミクロ10周年のこと

ファミコンとミクロでスーパーマリオブラザーズ

と、いうことはスーパーマリオ30周年!こちらもおめでとうございます!

2005年9月13日、スーパーマリオブラザーズ20周年と共に産声をあげたこのゲーム機は、美しいデザインと驚きのサイズでゲームボーイシリーズの中でも異端とも言える存在でした。
このゲームボーイミクロが誕生10周年を迎えるというのは、めでたく思いつつも時の流れの速さを感じずにはいられません。
世代がニンテンドー3DSとなった今も、私を含むゲームボーイミクロファンは、どういうわけかこの小さなゲーム機に心を奪われているのです。


ゲームボーイミクロ、誕生10周年おめでとうございます!


と、そんなこんなでゲームボーイミクロも10周年。なんとも早いものです。
発売当時、世にはすでにニンテンドーDSが発売されており、その2年前からゲームボーイアドバンスSPが大ヒットしていたという時代背景の中、そのセールスは芳しくないものでした。しかしながら、独創的なデザイン、明るく美しいバックライト液晶、圧倒的なミクロサイズといったゲームボーイミクロならではの特徴の数々は当時も今も変わらない魅力です。10年の時を経て、いまだこのハードで楽しい時間を過ごせることを嬉しく思います。

2015年のゲームボーイミクロ


盟友(?)PSP goと

この10年で、携帯ゲーム機の世界も大きく様変わりしました。DS、3DSへの世代交代、PSP、PSVitaといったソニーハードの台頭、そしてもちろんスマートフォンの登場。
スマートフォンでゲームができるようになって、携帯ゲーム機を持ち歩かなくなった、という方も多いのではないでしょうか。その昔、まだ折りたたみ式の携帯電話(今で言うフィーチャーフォン)全盛の頃には、電話とは別にゲーム機を持って出歩くのもごく自然なことで、電車の中でもゲームをする人が多かったように思います。


ミクロの良さ、現在、そして未来


果たして2015年、10年を経たゲームボーイミクロはどうでしょうか。カセットを交換しないとゲームも変えられない、ゲーム以外のことはできない、ネットにも繋がらない、通信は赤外線かケーブルで……。
でも、手になじむ十字とA,Bボタンで、小さくとも綺麗な液晶に踊るキャラクタを見ていると、これはこれで捨てがたい魅力があるのです。もちろん最新のゲーム機も、スマートフォンのゲームもいいんですが、このミクロの小さな世界というのも大事にしたいなとあらためて感じます。

ゲームボーイミクロに対応しているゲームボーイアドバンスのソフトというのは、移植ありオリジナルあり、ジャンルも様々。振動機能やジャイロセンサーを含めたものなど実験的な要素を持つものもあり、今見ても驚くようなものも多くあります。ゲームのアイデアや技術が成熟した時期であったというのも楽しめるソフトを生み出す要因だったと言えるでしょう。
多くのハードで楽しめるアドバンス用ソフトですが、ミクロで起動することでより楽しめるものもあるのではないかなと思います(このあたりは過去のエントリ「ゲームボーイミクロのおすすめソフトのこと」で書いています)。

と、ミクロの良いところを挙げてみたものの。
現在の携帯ゲーム機を取り巻く状況を見るに、ゲームボーイミクロの遺伝子を受け継ぐハードを今後に期待するのは残念ながらかなり厳しいのではないかと考えています。
10周年を迎えたミクロでのゲームライフを楽しみつつ、これからの時代の進歩も受け入れながらゲームの歴史をまた一緒に見ていけたらいいですよね。

蔵出し? ミクロ用パーツ

せっかくなので数少ない我が家のミクロ用パーツと10年目の記念写真でも。
まずはG-takeさんで買ったグリップ(詳細不明。2015年9月現在G-takeさんで取り扱いはありません)。ミクロにグリップ、となるとサイズアップして良さがスポイルされるという見方もありますが、やっぱり遊びやすさはアップしますね。
普段はあまり使わないのですが、たまに装着するとそのビジュアルと操作感が新鮮です。


グリップ使用中

グリップで遊びやすさがアップ

グリップ拡大

広げて使います

グリップ縮小

縮めるとコンパクトに

グリップ側面コネクタ口

実は元々バッテリが入っていたらしく

グリップ側面スイッチ

電源スイッチの名残が

そして次に、というかわずか2品目で終了ですが、ホリのメッシュポーチミクロ。写真ではうまく伝わりませんが、純正ポーチにはないフカフカ感がたまりません。本体を入れるとギュッと身が詰まったような見栄えになって、コロコロとかわいい感じになります。


メッシュポーチミクロ

メッシュで肌さわりさわやか

メッシュポーチミクロのフタ部分

フタ部分にはポケットも

tee-suzuki.com これまでのゲームボーイミクロに関するエントリ

これまでこのサイトではゲームボーイミクロに関する記事をいくつか書いてきました。今回のエントリはただただ自分の気持ちを綴っていますが、バッテリー交換や中古ミクロのチェックポイントなどは、少しでもミクロ好きの皆さんの役に立つといいなと思いながら書いてきました。
おすすめソフトも、もう少し違う視点からもまた紹介してみたいなあと思っています。面白いゲーム、たくさんありますもんねぇ。
それではまた。









RSS 2.0 Login