tee-suzuki.com

ビデオゲーム好きWebディレクター、tee-suzukiのブログ

いろいろ楽しいファミコンコントローラ型雑貨のこと

ファミコン コントローラ型雑貨 集合写真

一見無線コントローラ、しかしてその実態は!?

ファミコンのデビューからまもなく35年を迎えようとしている2018年、実機を手にして遊んでいる方は当時に比べ大分減っているかと思いますが、それでもいまだゲーマーの心を掴んで離さないのがファミコンのコントローラ、というかコントローラ型のあれこれではないでしょうか。
今回は、我が家にもいくつかあるファミコンコントローラ型の雑貨について、覚書も含めて書き残してみたいと思います。


ファミコンコントローラ型 テレビリモコン


ファミコンコントローラ型 テレビリモコン 全景

表面の金色部分にヘアライン仕上げがあまりなく、のっぺりとした印象

ハードオフさんのジャンク箱から救い出したこのアイテム、最初に見たときには「お、ファミコンのコントローラだ。ケーブル抜いてあるのかな」と思ったほどの完成度で、よく見るとコントローラ上辺に2つのリモコン発信部があるのに気づきます。
サイズやボタンフィールが本物そっくりで、触っているだけでちょっとした暇つぶしになるレベルのこのアイテムですが、調べてみるとテレビ用のリモコンということがわかりました。実は最初、そのあまりにリアルな触感に無線コントローラではないかと思ったくらいなのですが……。

以前にクラブニンテンドーの景品だったWiiリモコン型のテレビリモコンもありましたが、あのコマンド入力式とは少し違った設定方法でした。

設定方法

  1. テレビの電源をONにします
  2. Aボタンを押します
  3. 左(十字ボタン)側のLEDが点灯するまで、Bボタンと左ボタンを同時押しします。
  4. LEDが点灯したらボタンをはなします。左(十字ボタン)側のLEDが点滅し、右(ABボタン)側のLEDからテレビの操作信号が送信されます。
  5. 各メーカーの電源操作の信号が連続して送出されているので、テレビの電源が切れたら使用中のメーカーの信号ということになります。いずれかのボタンを押すとその設定で決定となります。

ファミコンコントローラ型テレビリモコン 上辺部分

上辺についた発信部が新鮮ですね

どうやらこのファミコンコントローラ型テレビリモコン、人気があったのか2つのバージョンがあるようです。セレクトボタンの役割が入力切り替えのものと、消音のものあるというのが違いですが、個人的にはセレクトはやっぱりセレクトらしく入力切り替えがしっくりくるなと思うのです。




連射測定機能付コントローラ型アラームクロック


連射測定機能付コントローラ型アラームクロック 全景

この形で連写測定機能付は正直テンションあがります

続きましてはABボタンの上に液晶画面がついたアラームクロックです。アラームクロックなんですが、どう考えてもメイン機能は連射測定機能という、要するにシュウオッチなわけです。
先のテレビリモコンはなんとなく暇つぶしにボタンを押してしまう代物でしたが、こちらはもはやボタンを押すことがメインとなっており、ある意味本家シュウオッチよりも本気になってしまう形状であるためいやが上にも、期待が高まるというものです。

セレクトボタンで機能を切り替え、連射測定モードにした状態でスタートを押すと、なぜかスーパーマリオブラザーズのステージスタートの音が鳴り測定準備完了に。あとはひたすら10秒間連打し続けるという世界統一ルールに則った連射測定が楽しめます。


連射測定機能付コントローラ型アラームクロック 液晶部分

アラームの証・キノコマークが時刻右上に点灯中

ちなみにアラーム設定をすると時計の右上にキノコマークが表示され、時間になると1UP音が鳴り響くという仕掛けになっており、キッチリとしたライセンス品であることがうかがえます。
ゲームセンターのプライズ品として出回った品のようですが、これは現役当時に出会ってたら結構な額を突っ込んでしまったのではないかと思います。リサイクルショップで出会えてよかった……。

ちなみに本家シュウオッチについては別のエントリもありますのであわせてどうぞ。





IIコンコントローラ型マイク


さて、ファミコンコントローラ型といえばIコンのものが多いのではないかと思いますが、最後にご紹介するのはまさかのIIコン。そしてIIコンと言えばマイク! ということでIIコンコントローラ型マイクです。


Ⅱコンコントローラ型マイク パッケージ

パッケージをみるとどうやらこれをゲットしたのは2007年のようです

Ⅱコンコントローラ型マイク 正面

最初からAボタンのところが欠けてしまっていて残念...


IIコンを模したアイテムでも、実際にマイクを機能させているものは多くないのではないかと思いますが、これはマイクにしてスピーカー、という振り切った品物になります。裏面の電源スイッチをオンにして、Aボタンを押すとマイクがオンになります。機構の都合上、今回の3品の中で唯一明らかにボタンフィールが違うのは残念ですが、マイクとスピーカーというIIコンならではのギミックを楽しめるということで目をつぶりましょう。IIコンならではといえばボリューム機構ですが、なんとボリュームもちゃんと機能するのです。


バンゲリング帝国の指揮官としてスクランブルをかけるもよし、音に弱いポルスボイスを倒すもよし、ただただおもちゃのマイクなのですが、それぞれの思い出と共に声を大きくしてみると楽しいですよね。


Ⅱコンコントローラ型マイク 裏面

裏面左下にスイッチがあります。右側はスピーカーですね

Ⅱコンコントローラ型マイク 側面

今回紹介した品物の中で一番厚いのがこのマイクでした




なんだかんだでみんなの思い出に残っているファミコンのコントローラ、今回ご紹介したものの他にも名刺入れやペンケースなどいろいろな雑貨になっています。今ではこのコントローラを実機として遊ぶのは接続の都合上ややハードルが高くなっていますが、こういった雑貨の形であの頃の思い出を手元に置いておくのも、またいいものですよね。
そして、ファミコンのコントローラももちろんいいのですが、他のコントローラももっと気軽に身の回りにおけるアイテムになってくれないかな〜なんて思います。

それではまた。

P.S. コントローラといえば、スーファミのコントローラとプレステのコントローラ(のプラグ)で作ったこんなのもありますのでよろしければご覧くださいね。




RSS 2.0 Login