tee-suzuki.com

ビデオゲーム好きWebディレクター、tee-suzukiのブログ

18ページ目 | ゲーム

任天堂オンライン販売のこと

ゲームボーイミクロの寿命=バッテリーの寿命という現実


ゲームボーイミクロ(ファミコンバージョン)

ゲームボーイミクロ(ファミコンバージョン)

私が愛してやまないゲーム機の一つに「ゲームボーイミクロ」があります。
ゲームボーイとニンテンドーDSの端境期に生まれた名機で、手のひらに収まるかわいらしいサイズと見事なデザイン・高級感、明るくきれいな液晶と、素敵な携帯ゲーム機であります。

そんな中、このゲームボーイミクロの充電池が寿命を迎えてしまったら、と不安になりいろいろと調べものをしていたら、残念ながら修理受付が終わっていることを知りました。

リンク:任天堂 修理の受付が終了した商品


「任天堂オンライン販売のこと」の続きを読む

インベーダーエコバッグのこと

お気に入りのバッグ

普段は小さめの肩掛けカバンを使っている私ですが、荷物が少し多めになる時はタイトーのゲームセンター「タイトーステーション」で売られているエコバッグを愛用しています。
使い勝手のよい大きさとかわいらしいデザイン、そして頑丈な素材のしっかりとした作りが気に入っています。


初代インベーダーエコバッグ

初代インベーダーエコバッグ

二代目インベーダーエコバッグ

二代目インベーダーエコバッグ


「インベーダーエコバッグのこと」の続きを読む

初代ゲームボーイの外装レストアのこと

ゲームボーイ誕生25周年記念企画

2014年のゴールデンウィークも本日で終わりです。
ゴールデンウィークにはなんだかんだで普段できないような工作ごとをすることが多いのですが、今年は4月21日に発売25周年を迎えた「ゲームボーイ」の外装レストア(漂白)にチャレンジしてみました。
ちなみにゲームボーイは自力で稼いで買った初めてのゲーム機でして、当時はスーパーマリオランド、テトリスなど楽しんでおりました。よい思い出です。


大変よくできました!


「初代ゲームボーイの外装レストアのこと」の続きを読む

日本ゲーム博物館のこと(後編)

ゲームセンターとは切っても切れない「ピンボール」

古き良き時代のゲームセンターと言えば、やはり切っても切れない存在として「ピンボール」を思い出す人も多いのではないでしょうか。
規模や台数の差はあれど、今の時代で言えばいわゆるプリクラのようなもの(言い過ぎ?)。
私、下手の横好きピンボーラーとして、日本ゲーム博物館のもう一つの顔であるピンボールにも期待しておりました。しかしまぁなんというか、期待を大きく越えるスケールにびっくり。
日本ゲーム博物館は入って右手がピンボールエリアなんですが、こちらにはピンボールがぎっしり! いずれも普段は電源が落としてあって、プレイするときに自分で電源を入れるというスタイルになっています。


ピンボール天国

そう、ここがピンボール天国です


「日本ゲーム博物館のこと(後編)」の続きを読む

日本ゲーム博物館のこと(前編)

ゲームの王様「アーケードゲーム」とその黄金時代


ゲームと言えば、昨今はソーシャルゲーム、家庭用携帯ゲーム機などが幅を利かせていますが、私個人としてはゲームと言えば断然「アーケードゲーム」と言える青春を過ごしてきました。

中でも80年代〜90年代はアーケードゲーム=最先端であり、PCも家庭用ゲームも寄せ付けない圧倒的な完成度や個性、魅力にあふれたものでした。
そんなアーケードゲームでも、特に80年代後半〜90年代を彩った大型筐体ゲームはまさにゲームセンターでしか体験できないものとして輝いていたものです。


日本ゲーム博物館 外観

日本ゲーム博物館 外観

しかし時は流れ、稼働から10年どころか20年を超えるそんなゲームたちはひとつまたひとつとこの世から消えて行きます。思い出の中にその姿を残して。ああ青春の光……。
というわけで、2014年3月15日、そんな青春の日々を追い求めて愛知県犬山市の「日本ゲーム博物館」へ単身乗り込んできました!


「日本ゲーム博物館のこと(前編)」の続きを読む

RSS 2.0 Login