tee-suzuki.com

ビデオゲーム好きWebディレクター、tee-suzukiのブログ

a-blog cms Ver. 2.1 の新機能「並列承認」

a-blog cms Ver. 2.1

2014年6月23日、a-blog cmsが公開されてから早5年、Ver. 2.1 がリリースされました。今回もいろいろな機能が追加されておりますが、エンタープライズライセンスで使える承認機能に「並列承認」が加わりました。今回はこの「並列承認」について少しお話したいと思います。


直列承認で運用に問題が起きる可能性


これまでもあった直列承認は、順を追って最終承認者が承認とすると公開される仕組みです。
本来こういうものではあるのですが、諸々の事情で中間承認者または最終承認者でストップしてしまい、公開されないということがあります。


直列多段階承認のイメージ

直列多段階承認のイメージ

このような状態でも承認権限を持つ複数人の合意があれば承認(公開)できるというのが、並列承認となります。


並列承認の流れ


並列承認の最大の要点は「複数人の合意があれば承認(公開)できる」ということですが、これはどういうことなのでしょうか。画像で見てみたいと思います。


並列承認のイメージ

並列承認のイメージ

並列承認の場合、各ユーザーグループごとにポイントというものが設定されています。そして各ユーザーが承認または却下をすると、承認/却下ポイントが蓄積されます。そして何人かが承認または却下を進めると、承認/却下のための規定のポイントに達することになります。

承認依頼は、この承認/却下の規定のポイントに達するまでが1セットとなります。
先に承認ポイントに達した場合は公開、却下ポイントに達した場合は却下ということです。


承認依頼に対する承認/却下は別に決められますし、ユーザーグループごとに加算できるポイントも決められます。
例えば、承認ポイントが50ポイントで、下位スタッフのポイントは10、上位スタッフのポイントが30だった場合には、下位スタッフが5人承認しないと公開できないところ、上位スタッフであれば2人承認すれば公開となります。
上位スタッフが何らかの事情で承認できない場合でも、下位スタッフの多数が問題無いと承認できれば公開できる仕組みになります。


もちろん状況によってはこの仕組みが問題となる場合もありますので、導入・運用は関係者の皆さんでご検討の上行っていただくとになります。

要するにアレです


http://www.amazon.co.jp/dp/B0002YMIA4

日本一有名な承認システム

ここまでの説明でおわかりいただけたでしょうか。もしよくわからないということであれば、欽ちゃんの全日本仮装大賞を思い浮かべていただければわかりやすいかと思います。
仮装大賞の場合、20点中15点が入れば合格となりますよね。そして審査員は10名で1人は2点持っています。
つまり、承認ポイントは15ポイントで、10人のスタッフがいる審査員というユーザーグループに2ポイントが設定されている状態です。
8人のスタッフが承認したら、ファンファーレが鳴ってバニーガールがメダルをかけてくれる=承認(公開)、ということです。

(まぁ仮装大賞は審査員は1点ずつ投じられますし、本システムは却下ポイントがあったりと微妙な違いはありますが、そこはご愛嬌ということで)

その他にも便利な機能がいっぱい!

Ver. 2.1 では、並列承認機能の他にもSNSログイン機能や新しく追加されたユニットなど、みどころがたくさんあります。是非リリースノートページをご覧いただき、新バージョンをお試しください。もちろんこのブログもa-blog cms Ver. 2.1 で動作していますよ!


tee-suzuki

80年代からアーケードゲームに親しみ、主にアクション、シューティングを好みます。

エントリーリスト

タグクラウド