tee-suzuki.com

ビデオゲーム好きWebディレクター、tee-suzukiのブログ

ゲーム機修理にちょっと役立つ100円ショップ小物のこと

ハンダ用ピンセット、マグネット付皿、スマホ用マクロレンズ

今回はこの3品をご紹介

日々ゲーム機を分解してちょっとした修理や加工をするのを趣味のひとつにしているわけですが、そんな中で100円ショップで手にしたちょっとした小物が意外なほど便利で手放せなくなっています。
今回はそんなアイテムをいくつか紹介したいと思います。


離すと掴む!? ハンダ用ピンセット


通常、ピンセットは細かなものを掴むのに使用するのはみなさんご存知の通りですが、このピンセットは通常の逆の使い方となります。つまり、掴むことで開き、離すことで掴むというものです。一般には「逆作用ピンセット」という名称で知られています(ダイソーさんでは「ハンダ用ピンセット」として販売されています)。

掴む動作に集中できるような環境であれば通常のピンセットでも問題はないのですが、ハンダ付け作業においては基本的に利き手はハンダごてを使っており、利き手の反対で持つピンセットというのは思いの外使いづらいため、このハンダ用ピンセットが実に役に立ちます。
本ブログ過去のエントリでは「ディスプレイ、音声不良のゲームギア修理のこと」でのコンデンサ交換作業で絶大な効果を発揮しました。
細かな部品を確実にホールドしながらも力加減の面では多少ルーズに扱えるという実に使い勝手のよいアイデア商品です。


この逆作用ピンセット、gootさん、アネックスさん、エンジニアさんなどの工具メーカーさんから発売されていますが、ダイソーさんでも売られています。工具系の商品が充実したダイソーさんであれば置いてある可能性は高いかと思いますので、細かなハンダづけを伴う作業にトライする際には是非1つ持っておくことをおすすめします。


細かなネジもしっかりキャッチ マグネット付皿


マグネット付皿

普段は2つ使い分けてます。スタックもできて便利ですよ

ゲーム機の分解につきものなのが、細かなネジの取り外しです。自分の場合はゲームボーイなど携帯機の分解をする機会が多いのですが、外しておいた細かいネジにちょっとした拍子に触れてしまい、置き場所からずれてしまうことも過去ありました。パッと見つかる程度のことならまだよいのですが、作業台から転がり落ちてしまうと一大事です。

こういったケースに対応するならこれまたダイソーさんの「マグネット付皿」です。いわゆるパーツトレイというものですが、車の整備場で使われるような比較的大きなものもあれば、今回紹介するもののように小さなネジを置いておくものまでいろいろです。ダイソーさんでは角形のものや大きめサイズのものなども売られていますが、自分は小さめの丸形を2つ使用しています。
単純にトレイとしての機能に加え、底面の磁石で金属製のパーツをしっかりとキャッチしてくれます。


マグネット付皿 裏面

裏面の黒い部分に磁石が入ってます。とっても強力なので注意!

サイズは直径約11cm。小さな見た目から想像できないほど強力な磁石が底面に取り付けられています。売り場では何個かが重ねられているのですが、1つを引き剥がすのに結構な力が必要レベルの磁力なので注意が必要です。また、強力な磁石ですので磁力の影響を受ける電子部品には近づけないようにしましょう。


拡大画像で作業をサポート スマホ用マクロレンズ


スマホ用マクロレンズ 本体とカバー

カバー付きで携帯にも便利です

スマホ用マクロレンズ パッケージ

これはセリアさんで買ったものですが、ダイソーさんでも扱ってます

最後に紹介するのは「スマホ用マクロレンズ」です。
スマートフォン本体のカメラレンズに洗濯バサミ状のパーツをかぶせるように挟むことで非常に寄った写真が撮れる(逆に非常に寄らないと撮れない)このマクロレンズ。昨年くらいからスマホパーツコーナーで広角バージョンと並んで売られているのをご覧になった方も多いのではないでしょうか。

自分は裸眼での視力は1.0〜1.5くらいなのですが、それでも細かな作業をしたり、作業部分を確認するのは難しいです。
作業をするところを拡大して見るという意味ではいわゆる作業用ルーペ(スタンドタイプ、メガネタイプ)を使用するのがよいとは思うのですが、やや敷居が高いかなと。
このレンズであれば、値段も設備も気軽でおすすめできます。

最近では前回のエントリ「スッキリ復活! ディスク読み込み不良のプレステ2のこと」でプレステ2のレンズの状態を、スマホで撮影して確認していました。
他にはゲーム機の基盤に関する作業をする際にも、初代ゲームボーイであればなんとかなるんですが、アドバンスSPあたりになると正直肉眼では辛く、レンズをつけた状態でスマホの画面を確認しながら作業をすると、要所要所で撮影してさらにスマホの写真アプリ側で拡大もできて便利ですよ。



プレステ2のピックアップレンズ 等倍

レンズ部分、等倍で撮るとこんな感じですが...

プレステ2のピックアップレンズ マクロレンズ画像

マクロレンズを通すと細部の汚れもはっきりわかります

ゲームボーイブロス画像

こんな使い方をしてみても楽しいかも!

100円ショップめぐりもまた楽し

100円ショップと言うと「安かろう、悪かろう」のイメージがありますが、気軽に使える良いアイテムがあるのもまた事実です。大きめのお店を眺めながら、便利な良い品を探してみるのもまた楽しいですよね。
ゲームやソフトを収納するケースや、パーツを保管しておくチャック付きポリ袋なども100円ショップで気軽に買えるアイテムですし、まだまだいろいろ便利なものが見つけられそうです。

それではまた。


RSS 2.0 Login